月明りに照らされて

蒼風さんのアンテナに引っかかったことをつらつら書くブログ。商業作品中心。

『キン肉マン』読み放題についてのあれこれ

 こんばんは。

 感想とか言っておきながら感想じゃないものを挟んでるのはどうかと思わないでもない。多分扱う領域は再編成します。このブログは商業作品で、自分のアンテナにひっかかったものだけ書いていく感じになるかと。

 

■『キン肉マン』読み放題についてざっくり

 で、本題。キン肉マン読み放題が始まりました。

 

bookpass.auone.jp

 

 世代でなかったとしても漫画をある程度読んできてる人ならその存在くらいは知ってるんじゃないでしょうか。ちなみに今(2019年3月6日)、JRでスタンプラリーをやっていたりもします。未だにファンが多い漫画、という事でしょうか。

 

www.yudetamago.jp

 

 女房を質に入れても見たいサイトって表現に笑う。

 で、この読み放題なんですが、1~60巻までが読み放題ということで、それがどのへんまでなのかというと、現在の単行本が66巻までで、61巻から新しいシリーズになってるみたいなので、その前まで全部という感じでしょうか。区切りいいとこまでって感じなんですかね。

 方法はまあ、サイト見てもらえれば分かるのですが、会員登録が必要みたいです。

 

f:id:soufu34141991:20190306205627p:plain

 上記2つのアカウントを持っていればそのままいけるみたいですね。自分は持ってないんで、新規登録になるのかな。ちょっと今忙しいので、週末にでも登録しておきます。はい。

 

■何故『キン肉マン』は読み放題にするのか?

 読み放題ってフレーズ、読者の我々からしたら凄くありがたいですよね。自分も友人からキン肉マン(途中微妙な所はあるけど)最近のホント面白いよ」って勧められてたんです、実は。

 ただ、やっぱり巻数がネックで、新品どころか中古で買う程熱意があるわけではない。でも、読みたい気持ちはある。そうすると残るのは立ち読みでもするか、漫画喫茶に行くか位しか方法が無くて、どうしたもんかとなって、棚上げになっていたところだったので、まさに渡りに船、だった訳です。

 そして、それがまさに『読み放題』が行われるポイントな訳です。例えば自分が「興味はあるんだけどな~」のままだったら、読者としても収益としても0です。ところが、読み放題で読んでもらって、もし自分が読者になったら、最新巻くらいは買ってくれるかもしれない(自分は揃える質なので、気に入ったら多分全部揃えにかかると思います)という可能性が出てくる。これが良いところなんです。ほっといたら買ってくれなかった人が、ファンになって、買ってくれる。しかも読み放題にしても既に書いたものだから作家の労力はほぼ0です。言ってしまえばやらない理由は無いくらいの手。これをやるのはやっぱり賢いんだなぁと改めて思います。

 以前Twitterなんかでは将太の寿司』の無料公開が結構な話題となりました。所謂"バズる"という状態になっていました。しかしそれも『無料公開』があったからこそです。将太の寿司自体はずっと前から存在する漫画で、別に誰も隠していた訳ではない。それでも「響く」相手「届いていなかった」というのが良く分かるなぁという感じで、これもまた『無料公開』を上手く使った例なのかなぁと思ったりするわけです。

 何が言いたいのかっていうと無料公開ファンを作ることになるし、それをやれるゆでたまご先生は凄いってことです。まあ、黄金期のジャンプ漫画にありがちで、一部そこまで……みたいな部分もあるみたいですけど、そこも買っていなければまあいいかで読めるんじゃないかなぁって思ってます。

 でも立ち読みでも辛かったらしいんだよなぁ……どんななんだろう。