月明りに照らされて

蒼風さんのアンテナに引っかかったことをつらつら書くブログ。商業作品中心。

『世界征服彼女』DL版配信

 こんばんは。アンテナって立ててると色々引っかかりますね。

 今日はこれ『世界征服彼女』DL版配信についてのお話。 

 

 

『世界征服彼女』って何?

 今回DL販売された『世界征服彼女(以下『セカジョ』)』は、Navel2010年に発売したゲームなんですけど、多分知名度低いと思うんだよね。それに関しての理由は後述するとして、このゲームのポイントは『月に寄りそう乙女の作法(以下『つり乙』)』シナリオを務めた東ノ助氏メインとなって書いた初作品なんですよ。ええ。まあ実のところ自分も、『つり乙』をやった後にその存在を知ったくらいなんですけど。取り敢えず公式サイト貼っておきます。

 

project-navel.com

 

 で、この作品。一応全部(おまけシナリオ以外は)クリアしたのですが、つり乙とはかなり色が違います。イメージとしてはSHUFFLE!』あたりのノリに近いでしょうか。ライターが違うので、明確には勿論違いますが。

 そんな訳で話としての重さみたいなものもつり乙の方が重いです。質に関しては単純比較出来るものでもない(√毎のブレもあるので)ですが、やっぱりつり乙の方が出来はいいというのが個人的なイメージです。

 ただ、そんな『セカジョ』ですが、やっぱり「ああ、同じ人が書いてるんだなぁ」っていう事を感じる部分が結構あります。やっぱ力あるんだなぁ……キャラクターとかはホントに良いなぁって思うことが多いです。この辺は氏の作品に共通かなぁ。

 シナリオの内容に軽く触れると、本作は夢子(メインヒロイン)がすっごい科学者で、これまたすっごいロボットを作って、それで世界征服してやるっていうことを言いだした(作品始まる前だったかな……)ところから話が始まります。その為、夢子√以外ではどうしても「夢子と対決する」みたいな構図になってしまうのがシナリオとして少し気になるところかなぁって感じ。それ以外のヒロインとのあれこれは凄く良くできていると思います。ちなみに『つり乙』(主に2)をやっていると分かると思うんですが、エロシーンで笑わせに来ます。射精シーンで万歳三唱するヒロインは流石。歯を食いしばれ!

 

『セカジョ』DL版の配信サイトとか

 さて、内容に関してはざっと書いた通りなのですが、その配信に関しては下記の通りという感じ。

 

 

 

  旧DMMからダウンロード出来るみたいですね。値段は4980円なので、通常版を買うよりは流石に安いのかな。まあ、そうじゃないとDL版って手を出す気が起きないんですけどね……自分なんかだと。

f:id:soufu34141991:20190316223730p:plain

 亜子様に合わせてありますが、全ヒロインのCGが見られるようになってます。ざっと確認した感じ、√に入る前(っていうか一部は√内のかな?)のCGは確認出来るようになっています。これは良いですね。DL版を使うかどうかはさておいても、その確認はここでしてしまうのがベストかなと思います。

 ちなみにざっくり確認した感じだと限定版の中古が5000円台後半とか(自分が前に見た時はもうちょっと安いのがあった気がする)なので、まあお好みでって感じ。DL版の方がNavelの収益になるけど、一番大事なのは作品を知って、楽しんでもらうことだと思うし。

 

『セカジョ』の知名度についてあれこれ

 さて、この『セカジョ』なのですが、恐らく知名度が低いです。いや、実際に調査したわけでも無いんですけど、それなりにNavelは追っていた自分でもすっぽりと抜けてしまっていたゲーム。何故なのかと言われればこれはもう「ガードが堅かった」というこれに尽きると思います。

 PCゲーム店などで扱っている中古にはほぼ確実に開封だとかコードがどうだとかそういう文言が書いてあります。何でかって、このゲームはデータを起動するのに認証が必要になるからです。もう結構前の事なので詳しい方法すっかり忘れてしまったのですが、確かコードが付いてきて、それを入れないとゲームが起動しなくって、それは数回入れたら使えなくなる違ったらスミマセン)だったかな?そんな感じ。まあコピーガードの亜種みたいなものです。

 これはなんでかって言えば、それはもうコピーされて出回ってしまうことを防ぐためなんですけど、正直なところ、これによって知名度が下がってるんじゃないかなぁというのが個人的な読みです。購入せずにダウンロードしてプレイすれば収益はゼロなんですけど、じゃあそれを排斥したら、元の収益はそのまま担保されるかっていうと、これが難しい話で多分減るんじゃないかなぁと思う訳です。単純に認証って面倒ですし、これは駄目だってなった時にさっさと売りに出せないっていうのは、買う側からしたらやっぱりリスクなんですよね。自分みたいによほどのことが無い限り全部ストックする人ばかりではないですし。

 ちなみに、Navel側が同じことを感じたのかは定かでないですが、『つり乙』はこの手のガードが掛かっていません。ですが、こっちは(作品の質や、受けやすい受けにくいもあると思いますが)知名度、人気共にやっぱり段違いです。

 勿論、実際にモノが売れて、それで収益が計算できるというのが一番いいのかもしれません。ただ、現代において「コピーされることを防ぐ」ことによるメリットは、デメリットよりもずっと少ないんじゃないかなぁって思ってならないのです。実際、『セカジョ』は今でも気に入ってますし。サントラも持っています。DL版配信で懐かしくなって、やろうと思ったら、何故かエラーを吐いたけど。悲しい。入れなおさないとダメかなぁ……

 

おまけ(オープニングムービー)