月明りに照らされて

蒼風さんのアンテナに引っかかったことをつらつら書くブログ。商業作品中心。

『アズールレーン』(一話感想)

簡易評価

【最終予想ランク】A

【一言】良く動く戦闘シーンが売りの、良作に落ち着きそうな予感

 

感想

 割と目玉らしい目玉の存在しない(気がする)今期の中ではそこそこ知名度があるのはやっぱりこれでしょうか。艦これと同じ艦船をモチーフとしたキャラを扱うゲーム。基本この手のものはイオニアが絶対有利なのですが、こうして後発の『アズールレーン』がアニメにもなったのは、やっぱり艦これのコンテンツとしての力が弱くなってきているという事なんでしょうね。アニメ二期も結局やる気配無いですし。

 さて、話を戻してアズールレーンアプリ自体はきちんとプレイしているものの、そこまできっちりシナリオ面を把握している訳では無いので、キャラクターだけ知っている初見のような状態。概ねの話は出揃ってはいますが、まだ作品そのものを評価するには難しい段階かなという感じ。

 一応そのへんのスマフォゲーアニメとは違ってかなり力が入っていて(その辺りがコンテンツとしての勘所であるということをよくわかっているみたいですね)、映像は良いです。キャラデザ自体が繊細という程ではないのですが、戦闘シーンは本当にぬるぬる動く。これくらい動いてくれるとそれだけでもプラスポイントになるので良いですよね。

 話自体は前述の通り。一話だけで完全な判断は下しにくいというのが正直な感想です。ただ、要所のシリアス具合を見ている感じ、ある程度のレベルには落ち着くのではないかという予想Aにしておきました。それ以上は……どうかなぁ……シナリオを軽視しているということは勿論無いと思いますが、結構「キャラがアニメとして動く」という部分に重心があるような感じがするので、そっちをメインに見ると楽しいんじゃないかと思います。主要艦が好きだと特に良いかもしれません。ちなみに自分の場合エンタープライズなので主役級だったりします。

 もう数話(多分2話)くらいは見てみないと作品としての最終着地点が分かりにくいので、もしかしたら評価がぶれるかもしれないという所はありますが、基本的には安定していい作品になるのではないかと思います。ただなぁ……脚本とか中心のメンツが『Rewrite』で一回やらかしてるんですよね……正直黄色信号なのでそこだけが気になるところ。

 

azurlane-anime.jp