月明りに照らされて

蒼風さんのアンテナに引っかかったことをつらつら書くブログ。商業作品中心。

『旗揚!けものみち』(一話感想)

簡易評価

【最終予想ライン】A

【一言感想】良い意味で頭のおかしい吹っ切れたギャグ作品

 

感想

 間に挟む形式で行こうと思ったのですが、何となく軽いものが良かったので、恐らくはギャグ系で、ある程度の質は担保されているだろうと考えていたこの作品を。連続異世界転生ですが、まあ性質は全く違うのでよしとしましょう。

 原作が『この素晴らしい世界に祝福を!(以下このすば)』の暁なつめという事で二つの可能性が考えられました。ひとつは有名作品の作者ではあるけど、作者の手数が少なく二作目は大したことが無いという可能性。そしてもうひとつは二作目になってより吹っ切れるという可能性

 結論から言えば本作は後者だと言えるでしょう。つまり吹っ切れてます。『このすば』を見たことがあれば説明がしやすいのですが、あそこに獣要素とホモ要素(若干ですが)をぶち込んでやればこんな感じになるだろうなという作品。

 

 『このすば』のカズマはカズマで良いキャラをしてましたが、こっちの方がより吹っ切れてていい感じ可愛いキャラも出てくる(獣人がほとんどですが)というのも良いですね。全体的にはやっぱり『このすば』を見た時と同じ感想「可愛いキャラの出てくる『ギャグマンガ日和』」っていう感じ。絶対作者好きだと思うんだよなぁ……『このすば』のときよりもより近い印象を受けました。正直。良いんですけどね。

 ギャグ作品っていうのはやっぱりふっきれているというのが結構大事で、そういう意味ではホントに良い。というか異世界転生ってギャグとホント相性良いですよね。シリアスの場合は幅が狭いけど、ギャグの場合何でもあり感が強化されるので動きやすくなるというか。その土壌の広さをうまく使える人だなぁという感じ。武器の種類は同じですが、差別化は出来ているので力はあるんだなという印象ですね。良い意味で馬鹿らしく、笑える良作と言って良いと思います。

 

hataage-kemonomichi.com