月明りに照らされて

蒼風さんのアンテナに引っかかったことをつらつら書くブログ。商業作品中心。

『ノー・ガンズ・ライフ』(一話感想)

簡易評価

【最終予想ライン】AB

【一言感想】SFハードボイルドという銘打ちがそのまま当てはまる作品

 

感想

 一話感想も大分出してきましたがそろそろ終盤。今回は見始めるのが遅かったこともあって、大分はしょりますが、次回以降はもう少し網羅した感じでやりたいなぁという感じがあったりなかったり。

 で、本題。本作は電車の広告でちょっと目にしていたんですよね。FOD独占配信って感じで。独占配信って個人的にはあんまり好きではない(と、いうか作品が目にされる機会が減少しそうな行為は基本的に余り推奨したくない)んですよね。っていうかFODって何だっけって感じ。その辺りも調べて纏めようと思っていますが、それはまた後日。

 作品自体は銘打ち通りSFハードボイルドって感じ。銃の世界で処理屋というフレーズを聞けば大体思い浮かべる映像通りかなぁという感じ。主人公の頭部以外は。勿論そこは売りといえば売りなんでしょうけど、どうなんでしょうね。この手の機械化された体というと真っ先に鋼の錬金術師あたりを思い浮かべますが、あれよりももっと機械寄り。個人的には少し行きすぎなのかなぁと思いつつ、まあこれもアリなのかなぁと思ったり微妙なところ。多分受け手次第

 後の部分は割と素直な構成ですが、話が本当にシンプルだなぁという感じ。昨今だとここを凝っているものも多くって、意外とストレートに来るなぁという印象を受けました。悪対正義的な構図もシンプルですし、悪役も分かりやすいしで、ある意味理解しやすくはありますが、しやすい分ちょっと物足りない感じはあったりもします

 とはいえ基本は抑えているので、作品の色が肌に合えば裏切ることはないんじゃないかなぁという感じです。ちなみに原作はウルトラジャンプ。なるほど、ジャンプ漫画を成年化するとちょうどこんな感じかもしれません。後気のせいかもしれませんがジョジョっぽい香りを感じました。何でだろう。やっぱり雑誌が一緒だから近い色なんでしょうか。

 

nogunslife.com