月明りに照らされて

蒼風さんのアンテナに引っかかったことをつらつら書くブログ。商業作品中心。

『コミック版Bang Dream!』感想

 こんばんは。久しぶりに買い物報告と、感想でも。

 先日(5/24)に漫画版のバンドリ最終巻が出たという事で早速買いに行ってきました。ちなみに、この手の漫画にはおなじみで、アニメイトゲーマーズでそれぞれ特典が付きますので、お気を付けを。後、アニメイトブックフェアポイントを7P貯めるとクリアファイルが貰えるみたいです。多分自分は届かないかなぁ……詳しくは下記の公式サイトをどうぞ。

 

bang-dream.com

 

 で、肝心のモノ。取り敢えず並べてみる。

f:id:soufu34141991:20190526194243j:plain

 今思うとバンドリ!のアプリを始めて少したったあたりの頃に1~3巻を一気買いしたような記憶があるので、それからずいぶん経ちましたね……多分月刊誌かなんかだったと思うので、進行速度は遅いですね。作者も後書きで書いてましたけど。

 全体としてはアニメの1~8話までの話を漫画で再編成した、という感じの作品になってます。なのでシナリオ自体には特に驚きがあるわけでは(アニメを見ていたら)ないのですが、漫画版には漫画版の良さがありますね。絵柄のお陰もあるとは思うのですが、全体的にアニメ版よりはいい意味でマイルドになっている感じがしました。これくらいならもうちょっと受け入れられただろうになぁと思うと残念な気がしてならない。アニメ版、別にシナリオ間違ってないんですけどね……ただちょっと初見でいきなり香澄視点の話は見ててキツいだけであって。

 そんな訳で割とバンドリ!で最初に見る媒体としてはいいんじゃないじゃなぁと個人的には思っております。後は、ある程度愛着がわいた後でも。漫画でも何でも、シナリオは見せ方次第で色んな色を見せてくれるんだなぁってホントに思いますね。単純な構造なら同じなのに……って感じで。ホントはアニメシナリオ(特に二期の後半)全部描いてほしいくらいなんだけど、やっぱり難しいんでしょうかね。とにかく良かったです。