月明りに照らされて

蒼風さんのアンテナに引っかかったことをつらつら書くブログ。商業作品中心。

『ライフル・イズ・ビューティフル』(一話感想)

簡易評価

【最終予想ライン】B

【一話感想】基本的には安心するラインを走る日常系作品

 

感想

 少し間が空きましたが、残り数作品について書いていきましょう。今回は『ライフル・イズ・ビューティフル』。OPで初めて知ったんですけどとなりのヤングジャンプ出ですか。これたしかWebのやつですよね。どうやら少年ジャンプ+でも平行連載している……らしい。しかしジャンプ……ジャンプかぁ。何かジャンプっぽくないですね。いや、良いんですけどね。色よりも質ですから。

 感想としてはまあ「安心するライン」だなぁという感じ。足りない部員。何ともいそうなタイプのキャラ。女子同士のわいわい。概ねこの手の作品が押さえてきたであろう部分をしっかり押さえつつ、「射撃部」という要素を取り入れたという感じでしょうか。射撃要素が無い訳では勿論ありませんが、結構薄め。どちらかというと日常に軸足がある感じですね。この辺りはもう作品の色次第という感じで、このラインを取るならそれでいいんじゃないかなぁというのが素直な感想です。

 全体としてはまあ安心感があるにはあるのですが、ギャグっていうか笑いどころにちょっと当たりはずれありという感じでしょうか。どうなんだろうなぁこの辺。ギャグって基本「全く響かないものがあっても、半分が響けばよし。ガッツリハマるのが少し入っていればなおよし」というスタンスで見てるので、これくらいでも良いんですかね。その辺りは受け手次第なのかな。キャラは可愛いので、毒にはならない、安心感のある作品といった感じでしょうか。同一クールだと放課後さいころ倶楽部近い筋になりますが、あれよりもうちょっとほんわかしてて、気楽な感じ

 

chidori-high-school.com