月明りに照らされて

蒼風さんのアンテナに引っかかったことをつらつら書くブログ。商業作品中心。

百合展2019レポート

 こんばんは。

 今日はこれ、「百合展2019」です。2019ってついているのは当然、去年もあったからなのですが、自分がこの存在を知ったのは今年が初めて。なんでなんだろうなぁ……百合作品をずっと追っている訳では無いにしても、百合漫画を描く作家さんを追っかけている訳だから自然と目に入ってもおかしくない気がするんだけど。

 細かな事は公式のHPをどうぞ。どうやら東京以外でもやる予定らしいです。

 

yuriten.com

 

 今回は東京の会場に行ってきました。基本的に撮影OKということで色々撮ってきましたよ。やっぱりこういうのが主流になっていくんでしょうね。現地に行くことと、SNSなんかを通じてみるものの価値分化というか。

 

f:id:soufu34141991:20190321220317j:plain

 オリジナルの画集。

 

f:id:soufu34141991:20190321220328j:plain

 制服ってそういえば百合と凄く親和性が高い気がしますよね。何でだろう。やっぱり女子高(しかも格式高め)のイメージが付着するからでしょうか。マリみてとかその辺の。

 

f:id:soufu34141991:20190321220330j:plain

 Tシャツです。これらは地下にあるショップで販売しているものですね。

f:id:soufu34141991:20190321220502j:plain

 先日紹介した、『とどのつまりの有頂天』のシャツもありました。グッズが出るようになったんだなぁと思うと凄く感無量ですよね。ホントに。

 ここからは実際の展示スペースに移ります。建物をいったん出て、階段を上がって3階と4階にありました。

f:id:soufu34141991:20190321220648j:plain

f:id:soufu34141991:20190321220652j:plain

 写真を撮るのが……下手!

 まあカメラもスマフォですしね……いいカメラが欲しいなぁと思う今日この頃です。ちなみに概要に関してはサイトの方でも読めるようになっていますので、文章はそっちから確認するといいのかなぁって思います。

f:id:soufu34141991:20190321220929j:plain

f:id:soufu34141991:20190321221003j:plain

f:id:soufu34141991:20190321221024j:plain

f:id:soufu34141991:20190321221031j:plain

f:id:soufu34141991:20190321221041j:plain

f:id:soufu34141991:20190321221052j:plain

f:id:soufu34141991:20190321221104j:plain

f:id:soufu34141991:20190321221109j:plain

f:id:soufu34141991:20190321221115j:plain

f:id:soufu34141991:20190321221116j:plain

 ギャグの皮をかぶったガチ百合漫画っていう表現になんか笑う。まあ間違ってないと言えば間違ってないけど、ギャグ部分は結構全力でギャグしてるイメージがあるので。

 4階の方にはスケッチブックが三つ。どうやら日替わりで作品が変わるらしく、この日(3/21)はこの三作品でした。

f:id:soufu34141991:20190321221247j:plain

f:id:soufu34141991:20190321221251j:plain

f:id:soufu34141991:20190321221256j:plain

 多分人が多そうなところに『やが君』を置いたんだろうなぁと思ったり思わなかったり。

 後は当然百合漫画なのでゆるゆりもありました。どうも最近百合漫画ってことをすっかり忘れるんですよねあれ。普通のギャグや日常ものとしても見られるからかなぁ。

f:id:soufu34141991:20190321221617j:plain

f:id:soufu34141991:20190321221615j:plain

 わあいうすしお

f:id:soufu34141991:20190321221653j:plain

 このシーンっていうか、この回好きなんですよねぇ。結京はいいぞ。

f:id:soufu34141991:20190321221751j:plain

f:id:soufu34141991:20190321221752j:plain

 読んだことは無いんだけど、「おっ」って思った二作品。取り敢えず忘れないように写真に収めるだけ収めるという形。メモは無い。

 上記以外にも百合作品は結構なタイトルが出てました。その辺の参加作品は、公式サイトに載ってますので、まずはそこをチェック、ですかね。

 展示会場自体レンタルスペース的な場所なので、そこまで大がかりなものではない(ジャンル限定なので流石に)ですが、作品の原画とかを見られますし、「あれ、これ知らないけどよさそうだな」って作品にも出会えますし、ショップもあって、単行本も売ってますので、そういう作品との出会いの場としても良いのかなって感じでした。勿論、好きな作品があるなら、それも良いですよね。『とどつま』に関しては、前にサイン会で見たのとは多分違うの(あの時は一話の原画とかだった)ので、また違うものが見られて嬉し限りです。ポップは書き下ろしですしね。

 週末にはサイン本の抽選もあるみたいなので、好きな作品があって、百合作品に興味があるなら行ってみてもいいんじゃないかなって思います。駅からすぐという場所では無いので、きちんと地図を見て行く必要はありますが。











 

『世界征服彼女』DL版配信

 こんばんは。アンテナって立ててると色々引っかかりますね。

 今日はこれ『世界征服彼女』DL版配信についてのお話。 

 

 

『世界征服彼女』って何?

 今回DL販売された『世界征服彼女(以下『セカジョ』)』は、Navel2010年に発売したゲームなんですけど、多分知名度低いと思うんだよね。それに関しての理由は後述するとして、このゲームのポイントは『月に寄りそう乙女の作法(以下『つり乙』)』シナリオを務めた東ノ助氏メインとなって書いた初作品なんですよ。ええ。まあ実のところ自分も、『つり乙』をやった後にその存在を知ったくらいなんですけど。取り敢えず公式サイト貼っておきます。

 

project-navel.com

 

 で、この作品。一応全部(おまけシナリオ以外は)クリアしたのですが、つり乙とはかなり色が違います。イメージとしてはSHUFFLE!』あたりのノリに近いでしょうか。ライターが違うので、明確には勿論違いますが。

 そんな訳で話としての重さみたいなものもつり乙の方が重いです。質に関しては単純比較出来るものでもない(√毎のブレもあるので)ですが、やっぱりつり乙の方が出来はいいというのが個人的なイメージです。

 ただ、そんな『セカジョ』ですが、やっぱり「ああ、同じ人が書いてるんだなぁ」っていう事を感じる部分が結構あります。やっぱ力あるんだなぁ……キャラクターとかはホントに良いなぁって思うことが多いです。この辺は氏の作品に共通かなぁ。

 シナリオの内容に軽く触れると、本作は夢子(メインヒロイン)がすっごい科学者で、これまたすっごいロボットを作って、それで世界征服してやるっていうことを言いだした(作品始まる前だったかな……)ところから話が始まります。その為、夢子√以外ではどうしても「夢子と対決する」みたいな構図になってしまうのがシナリオとして少し気になるところかなぁって感じ。それ以外のヒロインとのあれこれは凄く良くできていると思います。ちなみに『つり乙』(主に2)をやっていると分かると思うんですが、エロシーンで笑わせに来ます。射精シーンで万歳三唱するヒロインは流石。歯を食いしばれ!

 

『セカジョ』DL版の配信サイトとか

 さて、内容に関してはざっと書いた通りなのですが、その配信に関しては下記の通りという感じ。

 

 

 

  旧DMMからダウンロード出来るみたいですね。値段は4980円なので、通常版を買うよりは流石に安いのかな。まあ、そうじゃないとDL版って手を出す気が起きないんですけどね……自分なんかだと。

f:id:soufu34141991:20190316223730p:plain

 亜子様に合わせてありますが、全ヒロインのCGが見られるようになってます。ざっと確認した感じ、√に入る前(っていうか一部は√内のかな?)のCGは確認出来るようになっています。これは良いですね。DL版を使うかどうかはさておいても、その確認はここでしてしまうのがベストかなと思います。

 ちなみにざっくり確認した感じだと限定版の中古が5000円台後半とか(自分が前に見た時はもうちょっと安いのがあった気がする)なので、まあお好みでって感じ。DL版の方がNavelの収益になるけど、一番大事なのは作品を知って、楽しんでもらうことだと思うし。

 

『セカジョ』の知名度についてあれこれ

 さて、この『セカジョ』なのですが、恐らく知名度が低いです。いや、実際に調査したわけでも無いんですけど、それなりにNavelは追っていた自分でもすっぽりと抜けてしまっていたゲーム。何故なのかと言われればこれはもう「ガードが堅かった」というこれに尽きると思います。

 PCゲーム店などで扱っている中古にはほぼ確実に開封だとかコードがどうだとかそういう文言が書いてあります。何でかって、このゲームはデータを起動するのに認証が必要になるからです。もう結構前の事なので詳しい方法すっかり忘れてしまったのですが、確かコードが付いてきて、それを入れないとゲームが起動しなくって、それは数回入れたら使えなくなる違ったらスミマセン)だったかな?そんな感じ。まあコピーガードの亜種みたいなものです。

 これはなんでかって言えば、それはもうコピーされて出回ってしまうことを防ぐためなんですけど、正直なところ、これによって知名度が下がってるんじゃないかなぁというのが個人的な読みです。購入せずにダウンロードしてプレイすれば収益はゼロなんですけど、じゃあそれを排斥したら、元の収益はそのまま担保されるかっていうと、これが難しい話で多分減るんじゃないかなぁと思う訳です。単純に認証って面倒ですし、これは駄目だってなった時にさっさと売りに出せないっていうのは、買う側からしたらやっぱりリスクなんですよね。自分みたいによほどのことが無い限り全部ストックする人ばかりではないですし。

 ちなみに、Navel側が同じことを感じたのかは定かでないですが、『つり乙』はこの手のガードが掛かっていません。ですが、こっちは(作品の質や、受けやすい受けにくいもあると思いますが)知名度、人気共にやっぱり段違いです。

 勿論、実際にモノが売れて、それで収益が計算できるというのが一番いいのかもしれません。ただ、現代において「コピーされることを防ぐ」ことによるメリットは、デメリットよりもずっと少ないんじゃないかなぁって思ってならないのです。実際、『セカジョ』は今でも気に入ってますし。サントラも持っています。DL版配信で懐かしくなって、やろうと思ったら、何故かエラーを吐いたけど。悲しい。入れなおさないとダメかなぁ……

 

おまけ(オープニングムービー)

 

『不揃いの連理』1巻感想他

 こんばんは。最近更新が盛んなのに特に理由はありません。強いて言うなら、アンテナに色々なものが引っかかってるって事でしょうか。

 

 今回の話はこれ。

f:id:soufu34141991:20190313205823j:plain
 買ってきました。まあ、実際に買ったのは一昨日(3/13)なんですけど。だって普通に置いてあるんだもん。そりゃ買いますわ。別にいいんだけど、この手の「発売日」って一切信用ならないイメージなんですよね。基本。漫画はまだマシだけど。

 で、本題。最近とんと漫画を買わなくなった自分が何で発売日(前日)に買ってきたのかっていうと、twitter上で見かけたとき「あ、これはいいわ」って思ったからなんですよね。ちなみに単行本を読んでみたところ、その話は全体でも特にパワーを感じる回でした。運良いなぁ。

 内容はまあ、読んでもらえればいいとして(作者のPixivでも読めます)、ざっくりとしたイメージを。

 まあお分かりかと思いますが百合です。ええ。歳の差あるやつ。片方社会人。社会人百合ってそんなに多くないイメージがあるのですが、どうなんでしょうか。自分もホントにいいなと思った物以外には興味を示さないもので。

 イメージ的には単話、単話で区切りのいい、一話完結(の短い版)漫画という感じです。まあtwitter上で読んでもらうにあたって、前読んでなきゃどうしようもないって話はやりづらいのかなぁ。でも作者の名前で検索をかけてみた時に引っかかった 過去作(Amazonに飛びます)を読んでみた感じ、ぐっと踏み込んだ話にパワーがある感じなので、その辺が後ろに下がっているのはちょっともったいないなぁと思ったり思わなかったり。

 まあでも、決してゼロではないし、やっぱり絵が好きってのは大きいですね。うん。さよひな合同誌とかその辺りから結構気になっていたんですけど、こうやって単行本が出るってのは良い事だなぁって思います。

 こうやって単行本が出て、改めて考えると、見られる、ファンを獲得できるっていうのは大きいですね。だってtwitterとかPixiv読もうと思ったら読めるもの。でも、こうやって発売日に買ってくるわけで、じゃあその要因は何かって言ったら、やっぱりtwitter上で「見た」から何ですよ、これ大事。ホント。マチュア→プロの物差しに使ってるばっかりだけど、プロとしてこうやって単行本が出るようになってからもその法則性って全然生きてるんですよ。まだまだその重要性って認知されてないところが多いけど。

 ちなみに各店舗によって特典が色々あるみたいです。こうやって見ると、最初から期待株って感じなのかなーって。それもまあ良し悪しだとは思いますが、取り敢えず良く分からない都合で切られたりはしなそうで良いですよね。総合タワーリシチみたいに(根に持ってる)

 

 そんな訳で、感想とその他諸々でした。来年の百合漫画大賞とかでも結構良いところに行くのかなぁとか思ったり思わなかったりします。まあ2019年はまだ1/4も終わってないんで、これからですけどね。良い漫画出てきてほしいなぁ……

 

『とどのつまりの有頂天』と漫画アプリに関するあれこれ

 こんばんは。

 先日(3/4)に百合漫画大賞2019について色々と思う所をつらつらと書いたのですが、そこで見事に一位を獲得した『とどのつまりの有頂天(以下『とどつま』)』作者・あらた伊里先生がこんなコメントとイラストをtweetしてました。

  このペアが好き(もっというと猫崎さんがかなり好み)なので嬉しい。

 

 で、その『とどつま』なのですが、現在雑誌だけではなく色々な所で読むことが出来るみたい。まずはPixivコミック。

 

comic.pixiv.net

 

 公開ペースめちゃくちゃ不定ですね……あんまり集客というか、ファン獲得の軸とは扱われてないんでしょうか。

 ただ、結構公開されていて、現在発売中の単行本一巻が第7話までなので、8割以上が読める状態になっている(3/14現在)みたいです。これはいいですね。個人的にはこの6話とか7話辺りが結構好きなので。

 

 で、次がここ、マガジン☆WALKER。

 

magazinewalker.jp

 

 漫画雑誌とかを定額制で読めるってやつですね。微妙に興味が無い訳では無いんですが、最終的にはコミックスを買い集める人間なのであまり食指が動かないタイプのサービス。月額で500円(税抜)だそうです。Amazonプライムとかと大体同じくらい。ここでも読めるみたいですね。ただ、最新号だけ。

 

 それよりも前のバックナンバーを読む場合だとマンガDXでしょうか。

 

play.google.com

 

 こっちは少年画報社単体のアプリ。基本無料ですが、読むためにチケットを消費したりしなかったりします。読める雑誌は大体こんな感じ。

f:id:soufu34141991:20190313201124p:plain

 そういえばアルペジオはすっかり止まってしまったなぁ読むの。

 この下の方にもまだ少しあって、ヤングコミックだけならば10月号までは読めるみたいですね。ちなみにコミックスがその前までの収録なので、本当にコミックスの続きかから読めることに。多分次更新されたら消える。

 ただ、これには色々と縛りがあって、前述のとおり、チケットを使う場面があります。

f:id:soufu34141991:20190313201457p:plain

f:id:soufu34141991:20190313201504p:plain

 法則性アプリ内をよーく探したら説明があるのかもしれない。自分は面倒なのでやってません。

 一応ざっくりと弄ってみた感じだと、

 

・直近の号はチケット無しで読める?

・その前は一作品ごとにチケットを2枚消費して読むことになる?

・更に前に遡ると一冊分で読むことになり、チケットを5枚消費する?

 

 って感じでしょうか。もしかしたら違うかもしれない。でも大体こんな感じかと思います。

 あと、チケットを使って読んだ後、閉じちゃうともう一回読むのにチケットが必要なんですよこれ、渋いなぁ。

 そんなチケットですが、ログインボーナス的に一日一枚手に入る(多分)ほかに、購入したり、アプリをダウンロードしたりして手に入れることが出来ます。

 

f:id:soufu34141991:20190313201508p:plain

f:id:soufu34141991:20190313201514p:plain

f:id:soufu34141991:20190313201518p:plain

  

  うーんって感じ。現行で売ってる雑誌チケット消費が必要で、それにはログインが必要だって言うのなら、まだ分かるんだけど、これは逆じゃないかなぁ。

 雑誌っていうのは何がネックかって、やっぱり「現行の連載と単行本が繋がらないこと」だと思うんですよ。昔はそんなこと気にしなくなったのかもしれないけど、その障害を取り払える今となっては凄く気になる。

 そんな時にバックナンバー手軽に読めたら、現行の雑誌に追いついて、追ってくれるんじゃないかなぁって思うんですよ。ぶっちゃけ『とどつま』1巻収録分以降いつでもアプリで読めるとしても買うと思うし、単行本。

 まあ、そんな訳でまだまだwebとかアプリの力が有効活用されてないなーとは思うんですが、取り敢えず現行の連載は追っかけられるので、これでぐっと追いやすくなったんじゃないかと思いますね。幸い『とどつま』って過去のを読んでないと全く意味不明ってレベルではないと思うので、今からでもいいと思うよ、うん。

 しかし単行本の2巻はまだかなぁ……(気が早い)

『キン肉マン』読み放題についてのあれこれ

 こんばんは。

 感想とか言っておきながら感想じゃないものを挟んでるのはどうかと思わないでもない。多分扱う領域は再編成します。このブログは商業作品で、自分のアンテナにひっかかったものだけ書いていく感じになるかと。

 

■『キン肉マン』読み放題についてざっくり

 で、本題。キン肉マン読み放題が始まりました。

 

bookpass.auone.jp

 

 世代でなかったとしても漫画をある程度読んできてる人ならその存在くらいは知ってるんじゃないでしょうか。ちなみに今(2019年3月6日)、JRでスタンプラリーをやっていたりもします。未だにファンが多い漫画、という事でしょうか。

 

www.yudetamago.jp

 

 女房を質に入れても見たいサイトって表現に笑う。

 で、この読み放題なんですが、1~60巻までが読み放題ということで、それがどのへんまでなのかというと、現在の単行本が66巻までで、61巻から新しいシリーズになってるみたいなので、その前まで全部という感じでしょうか。区切りいいとこまでって感じなんですかね。

 方法はまあ、サイト見てもらえれば分かるのですが、会員登録が必要みたいです。

 

f:id:soufu34141991:20190306205627p:plain

 上記2つのアカウントを持っていればそのままいけるみたいですね。自分は持ってないんで、新規登録になるのかな。ちょっと今忙しいので、週末にでも登録しておきます。はい。

 

■何故『キン肉マン』は読み放題にするのか?

 読み放題ってフレーズ、読者の我々からしたら凄くありがたいですよね。自分も友人からキン肉マン(途中微妙な所はあるけど)最近のホント面白いよ」って勧められてたんです、実は。

 ただ、やっぱり巻数がネックで、新品どころか中古で買う程熱意があるわけではない。でも、読みたい気持ちはある。そうすると残るのは立ち読みでもするか、漫画喫茶に行くか位しか方法が無くて、どうしたもんかとなって、棚上げになっていたところだったので、まさに渡りに船、だった訳です。

 そして、それがまさに『読み放題』が行われるポイントな訳です。例えば自分が「興味はあるんだけどな~」のままだったら、読者としても収益としても0です。ところが、読み放題で読んでもらって、もし自分が読者になったら、最新巻くらいは買ってくれるかもしれない(自分は揃える質なので、気に入ったら多分全部揃えにかかると思います)という可能性が出てくる。これが良いところなんです。ほっといたら買ってくれなかった人が、ファンになって、買ってくれる。しかも読み放題にしても既に書いたものだから作家の労力はほぼ0です。言ってしまえばやらない理由は無いくらいの手。これをやるのはやっぱり賢いんだなぁと改めて思います。

 以前Twitterなんかでは将太の寿司』の無料公開が結構な話題となりました。所謂"バズる"という状態になっていました。しかしそれも『無料公開』があったからこそです。将太の寿司自体はずっと前から存在する漫画で、別に誰も隠していた訳ではない。それでも「響く」相手「届いていなかった」というのが良く分かるなぁという感じで、これもまた『無料公開』を上手く使った例なのかなぁと思ったりするわけです。

 何が言いたいのかっていうと無料公開ファンを作ることになるし、それをやれるゆでたまご先生は凄いってことです。まあ、黄金期のジャンプ漫画にありがちで、一部そこまで……みたいな部分もあるみたいですけど、そこも買っていなければまあいいかで読めるんじゃないかなぁって思ってます。

 でも立ち読みでも辛かったらしいんだよなぁ……どんななんだろう。

 

百合漫画大賞2019について

 昨日(3/3)、百合漫画大賞2019が発表されました。っていうかこれ、去年もやってたんですね。全然知らなかった。まあ賞を取った取らないって殆ど参考にしてないからね。

 で、その結果がこちら。

 全部確認すると長い(っていうかコメントできないものの方が多い)から、トップ3だけざっと確認。ちなみにAmazonなんかのリンクは公式にあるので割愛しときます。

 

1位 とどのつまりの有頂天

2位 行進子犬に恋文を

3位 徒然日和

 

 まず3位から。『徒然日和』。これは持ってます。

f:id:soufu34141991:20190303225448j:plain

 なんで買ったんだったかなぁ……一時期ちょっと漫画購買意欲が復活していた時期があって、その時に買った一冊だったと思います。ちなみに最近二巻が出ました。

 内容としては百合……百合かなぁ?まあ百合と言われればそうなのかなぁ……みたいな感じです。イメージ的にはのんのんびよりにちょっと近いかなぁ。日常系と百合漫画の中間くらいのイメージです。個人的には。

 ゆるゆりみたいに割と百合全開なちなつとか綾乃みたいなキャラがいるとそういう空気感にはなる気がするんですけど、そんな感じは無かった、気がする。記憶が怪しい。

 まったりした雰囲気が好きならありなんじゃないかなぁと思います。多分ね。

 

 次は『行進子犬に恋文を』ですが、これは持ってません。友人は持ってるみたい。

 ただ読んだことはあって、最初の方だけで判断する限りだと、ある程度話が進んだあたり(多分一巻の終わり位)に重心というか、話のキモがありそうなイメージでした。そこまで読んでないんで実際がどうかは不明。ただ、力は結構感じる作品だったのを覚えています。後は絵の好みかな。別に人を選ぶ絵では無いけど、やっぱりそこは大事。

 

 最後は1位の『とどのつまりの有頂天』。これも持ってます。っていうか持ってないわけがない。だって『総合タワーリシチ』の頃からのファンだから。

f:id:soufu34141991:20190303230202j:plain

 ちなみにこれは一巻が発売された時に行われたサイン会サインを貰った一冊だったりします。読む用は別にある。

f:id:soufu34141991:20190303230209j:plain

 内容に関してはハイテンションギャグと、可愛いキャラ力のある百合漫画という感じでしょうか。タワーリシチのころから力はある人だなぁとは思っていたのですが、その時は踏み込まなかった核心部分(雑誌休刊の打ち切りに近い形だったので余り核心が描かれないで終わった)を今回は既に少し触れだしていて、それを見て改めて力を感じた次第です。あの話っていつ単行本に入るんだろう。去年末の連載なんだけど。

 百合漫画は特に……っていう人は『壊れていてもかまいません』とか良いんじゃないでしょうか。巻数も少ないですし。

comic.pixiv.net

 

 とまあ、そんな感じで。正直対象作品全然知らなくて、取り敢えずとどつまに投票ししとこう位のノリだったのですが、思いのほか知ってる作品が上位に固まったので何となく記事にしてみました。何が言いたかったのかは知らない。

 ちなみにこの大賞去年も開催されているのですが、そこで1位だったのが『私の百合はお仕事です!』だったんですね。これも持ってます。

f:id:soufu34141991:20190303230741j:plain

 昨今の漫画(っていうか創作物全般)にしてはかなり入り組んだキャラ心理を描いていて、後ろ重心で、「ああ、こういうの描く人いるんじゃん」って思った記憶があります。今でも結構気に入っていて発売日を気にするくらいの一作。とどつまとの比較だと流石に向こうに軍配が上がりますが、こちらもお勧めです。

 

yurinavi.com

yurinavi.com